キャバクラの『強制指名日』とは

キャバクラにはお店が決めた「強制指名日」というものがあります。キャバ嬢たちはこの日に指名が取れないと罰金となってしまうため、一生懸命にお客さんを呼ぶのです。
営業メールがいつもより必死な感じがする、断ってもしつこくお店に来てとメールがくるという場合は、その日がお店の強制指名日かもしれません。
中にはメールの中に「今日、強制指名日だから来て〜!」と素直に行ってくるキャバ嬢もいます。

強制指名日で指名が取れなさそうなキャバ嬢は、「今日の料金の一部は私が負担するから・・・」というように自分がある程度の負担を抱えてでも来てもらおうとします。
営業メールにそのような文面が入っていたらほぼ確実に強制指名日だと思っていいでしょう。

強制指名日はお客側には通知されないので無関係だと思われるかもしれませんが、普段あまり連絡をしてこないのにこういう時だけ連絡してくるようなキャバ嬢だったら、「ちょっと頼めば来てくれるいいカモ客」とされている場合がほとんどです。
普段から仲の良いキャバ嬢から頼まれたのなら助けるつもりでお誘いに乗ってもいいですが、カモ客として扱ってくるキャバ嬢にうまく乗せられないように気をつけましょう。