連絡先を教えてくれないキャバ嬢。その理由とは。

キャバクラの連絡先交換はキャバ嬢の方から提案してくることがほとんどです。しかし、気に入ったキャバ嬢には自分から連絡先を聞くという男性も珍しくありません。
キャバ嬢は営業のために連絡先の交換を喜んでしてくれると思いきや、意外にも連絡先を教えてくれないキャバ嬢もいます。
断られると自分が営業すらされないほど嫌われているのか・・・と落ち込んでしまうかもしれませんが、連絡先を交換できないのにはきちんと理由があるのです。
今回は連絡先の交換を断るキャバ嬢についてご紹介していきます。

体験入店中

体験入店中の子はまだそのお店で働くことが確定していませんし、営業に力を入れていないので連絡先の交換を断ることがあります。

派遣キャバ嬢

キャバ嬢にはそのお店に正式に在籍して働いている子、そして派遣会社から派遣されてその日だけ働きに来ている派遣キャバ嬢がいます。
派遣キャバ嬢はそのお店で働くのはその日限りですし、営業活動は一切行わない働き方なので、連絡先を交換するということはありません。

営業する気のない子

キャバ嬢が本業ではなく最低限稼げていればいいというような子は、営業活動にあまり力を入れていません。今のお客さんの数で十分な場合は無理に営業する必要がないと考えて連絡先を交換しないという子もいます。