セクキャバの「ハッスルタイム」とは?

セクキャバには1セットのうちの10分〜15分ほどだけ「ハッスルタイム」という時間が訪れます。
店内の照明が暗くなって、BGM音量が上がってきたらそろそろハッスルタイムが始まるという合図です!ハッスルタイム開始のアナウンスが聞こえたら正式にハッスルタイムに突入していきます。

このハッスルタイムが一体何をする時間なのかというと、女の子がお客さんの膝の上に跨いだ超密着状態でお触りやキスができるという夢のような時間なのです。
細かくできる内容はお店によって違うので、事前にどこまでお触りOKなのか、NG行動は何かは必ず確認しましょう。
どのお店でも言えるのは、抜きのサービスは一切ないという点です!このようなサービスを強要したりするとすぐに出禁にもなりますし、警察沙汰になる可能性もあるので正しく遊びましょう。