キャバクラの営業時間

キャバクラは夜営業しているイメージが多いですが、その営業時間は深夜0時までだったり1時だったり、中には明け方まで営業していたりと結構バラバラです。
しかし実際はキャバクラは風営法により営業時間が深夜0時までと定められています。例外的に深夜1時までになっている場合もありますが、基本は0時までと考えていいでしょう。
キャバクラのように隣に女性が座ってお酒を作ったりおしゃべりすることは法律で「接待行為」と呼ばれますが、この接待行為ができるのが深夜0時までとなっているのです。

深夜0時を過ぎていても営業している、店内にお客さんがいるという場合は違反しているお店になるので注意してください。
この営業時間を守っていないお店というのは結構多いです。特に営業時間を〜LASTと曖昧に表記しているお店は深夜2時まで営業していたりすることも珍しかりません。

実際に営業時間外の営業に関しては常に厳しい目で見られていることもないため、長く営業しているお店も多いんですね。
そういうお店に遊びに行くとタイミングが悪ければ警察のガサ入れに立ち会ってしまうことがあるかもしれません。そうするとせっかくのキャバクラ遊びも最後まできちんと遊べないので、そうしたリスクを避けるためにもきちんと規則を守っているお店で遊ぶことをお勧めします。