「色恋営業」「友達営業」…あなたはどんな営業が好み!?

キャバ嬢はそれぞれ自分の性格にあった営業スタイルで営業を行っています。その代表的な2つが「色恋営業(色営)」と「友達営業(友営)」です。

色恋営業とは、キャバ嬢とお客さんとの疑似恋愛をすることで営業をしていく方法のことです。疑似恋愛を楽しむキャバクラらしい最もベターな営業スタイルと言えるでしょう。
この営業スタイルは人気が出やすいので、多くのキャバ嬢が採用しています。

一方で友達営業とは、キャバ嬢と女友達のような関係になる営業スタイルの一つです。疑似恋愛よりもとにかく楽しく飲みたい、ワイワイ楽しみたいという方は友達営業の方が好きという方が多いのではないでしょうか。

またこうした営業の他にも、オラオラ営業(オラ営)というのもあります。これはキャバ嬢がオラオラしている、つまりお客さんよりも立場が上になっている営業のことです。
元々M気質がある人や、裏表なくキャバ嬢に接して欲しいという方はこうした営業の方が好きという傾向が強いです。
ただ非常に難しい営業スタイルなので、あまりやっているキャバ嬢はいません。

キャバ嬢=疑似恋愛と思われがちですが、このようにキャバ嬢によって色んな営業スタイルを持っていますので、今までいまいちキャバクラにハマらなかったという方は別の営業スタイルの子と過ごしてみたらハマってしまうかもしれませんよ。